山本たかしの政務調査ニュース

平成30年度 感震ブレーカ―設置補助

2018年7月1日 災害・防災・消防 

木造住宅密集市街地を含む自治会・町内会を対象に、感震ブレーカ―「簡易タイプ」の購入・設置費用の一部を補助していきます。

感震ブレーカ―とは
大きな揺れで電気を自動的に遮断し、地震火災の多くの原因といわれている『電気出火』を防ぐ効果が大きい器具です。

補助内容

対象地域

磯子1丁目、磯子2丁目、磯子8丁目、岡村1~7丁目、滝頭1~3丁目、中浜町、久木町、広地町、丸山1丁目、丸山2丁目

補助要件

指定の感震ブレーカー購入、設置が補助要件となっています。
加入世帯の概ね10世帯以上へ、補助対象製品を購入・設置することが必要です。

補助率

1/2(上限額:器具1個あたり2,000円補助、千円未満端数切捨て)
例:1個2,700円×240個+消費税=699,840円
  699,840円×1/2=349,920円(端数切捨て)補助額349,000円

補助件数

7000個(先着順)

※申込はお早めにお願いします!

問合せ・申込

横浜市総務局危機管理課(045-671-3456)
磯子区役所総務課(045-750-2310)

山本たかし事務所

〒235-0007
横浜市磯子区西町3-15

TEL:045-349-2107
FAX:045-349-2108